2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.03.30 (Mon)

コミケットスペシャル6・参戦記録

 2015/3/28~29に幕張メッセ(千葉)で行われた同人誌即売会イベントです。基本的には夏冬のコミケと同じで企業ブースもあります。中夜祭には上坂すみれさんやらangelaやら幸子(カワイくない輿水じゃないほう)が出演されたりと、なかなか豪華。【OTAKU EXPO】と称するブースを設置し、海外向けの文化アピールもしていたようです。外国人さんのグループが多かったのはそのためか……。
 普段とは一味違ったコミケに、この私も参加させていただきました。

【More】

■アクセス
 京葉線・海浜幕張駅から徒歩10分ほど。幕張メッセの公式ページには約5分とありますがそんなに早くはたどり着けません。もしくは幕張本郷駅から京成バスで幕張メッセ中央等で下車。
 国際展示場ホールでの開催ですが、東京ではなく千葉です。もう一度言います、千葉です。なぜこんなに力強く繰り返すかは後ほど。


■コミスペ奮闘(?)記
 時系列順に書いたらなんか面白そうなので挑戦してみます。一人ボケノリツッコミにしばしお付き合い下さい。
 さて、人間誰しも苦手なことや弱点があるかと思います。手先が不器用だったり、寒がりだったり、上がり症だったり。かく言う私にも弱点があります。パワ●ロ風に表わしてみるとこんな感じ。

スロースターター×(寝起きが悪い)
エラー×(些細なドジが多い)
一発×(大きなミスをたまにやらかす)
尻上がり○(夕方ぐらいから調子が良くなる)
打たれ強さ○(叩かれても割りと持ちこたえる)
逆境○(むしろワクワクしてくる)

 うん。パワ●ロ知らない人には全く伝わりませんね。
 とまあ、そんなわけで3/28の朝です。スロースターター持ちとしてはまず起床できるかどうかが第一関門。目が覚めて時計を確認するとデジタル時計には【7:10】の表示。

 よっしゃー第一関門突破や!!!!

 いやはや、土日に早起きなんてここ数ヶ月していなかったのですっきり起きられたことに一安心。

▼8:00過ぎ頃
 前日になにも準備していなかったので名刺代わりのメモを書いたり、道中でぜひ聴きたい【Hotel Moonside】などをWalkm●nに入れたりしていました。この時点でもうスロースターター発動してますね。

▼9:00
 何を思ったか会場は東京ビッグサイトだと思い込んでおり、呑気に『最寄り駅→国際展示場正門前』とか調べてるわけですよ。路線検索で。もうね。馬鹿ですね。

 駅から会場までどういう経路だったっけ、イベントなんてほぼ●年ぶりだから忘れたわ、と偶然コミスペ公式の開催概要を開くと【幕張メッセ 国際展示場:千葉県美浜区】とあります。この時点ではまだ気づいてないあたりさらに残念。もっと詳細が見たいと思い幕張メッセのページに飛ぶとご親切にも【横浜方面からお越しの方】とあるじゃないですか。で、開いて見ると――



ん? 駅名違くね?



 はい。上にも書きましたが国際展示場(東京)ではなく、海浜幕張(千葉)です。しかも横浜からだと経路が大井町or新橋乗り換え→ゆりかもめに対し、東京乗り換え→京葉線だったのでちょっと気づきにくかったです。どっちも似たようなもんじゃない?(適当)

 自分のおバカ加減にガッカリしながらも、まだまだ時間に余裕あるし大丈夫だろうと高をくくっていたのが私の最もダメなところです。

▼10:30
 そろそろ出発しようかなと荷物整理をしていたところでまたも気づいてしまいました。
「このWalkm●n、電池切れ寸前じゃん!」と。せっかくお気に入りの曲を色々追加したのに電車内で聴けないとかなんのための作業だったんだよ、缶詰持っていったけど缶切り忘れたの●太と同レベルだよ、と小一時間前の自分に憤りを感じる。まあ30分ほど充電すれば少なくとも片道は持つだろうからと出発時間をズラすことに。

▼11:00
 サークルさんへの差し入れをバッグのなかに押し込むとグッシャグシャになりそうだったのでトートバッグを引っ張りだしてダブルバッグ体制に。二つ抱えると結構かさばるんだよなあ。数日前に手に入れた奏ストラップもバッグへ。これは現地着いてから目立つところに装着する予定。……と、ドタバタやってるうちに時間は無情にも過ぎていく。

▼11:30
 やっと出発。なんかもう家を出る前から踏んだり蹴ったりな気がしますが、ひとまず13:30ぐらいには到着できるはずなのであとは電車に乗って天命を待つのみ。

▼12:00~13:00
 各駅は遅いよどこまでも。移動時間を利用して酒呑楼さんの既刊を読む。奏の短編。下車までになんとか読み終えて、直接感想お伝えできればいいな。

▼13:00~14:00
 東京駅に到着。京葉線に乗り換えるため構内を歩いていくと改めて実感します。遠い……なんでこうも上ったり降りたりしなきゃいけないのか。動く歩道に乗ることすら面倒。あれ、すいーっと移動している様子を横から見てるとなんだか滑稽に思えてくるのは私だけでしょうか。
 すでにイベント参加を終えたらしき人たちもちらほら見かけます。バッジやストラップがついているので分かりやすい。

 京葉線列車内の自動放送で『しおみ』と聞こえて思わずガタッ。はい。潮見駅のことです。そして舞浜駅で降りていく大勢の人たちを見送って思う。ここが人生の分岐点なんだ、と。夢の国の住人になって幸せな人生を送りたい気持ちもあるけれど、残念ながら私たちの幸福は海浜幕張――もとい薄い本にあるのだ。もう後戻りなんてできやしない。

 ……なんて下らないことを考えつつも、予定通り小説を読み終えました。本のタイトルに『不可逆』とあるようにまさしく後戻りできない恋であり、かつ『アルペジオ(収録作品タイトル)』でした。アルペジオされている奏がCuteでRockでPassionでした(錯乱)
 何を言っているんだと思われそうですが本当にタイトル通りなので仕方ないのです。作品内容とタイトルがガッチリはまっているというのは、書き手として素晴らしいことだと思います。

▼14:00
 海浜幕張駅に到着。方向音痴な私ですが、周囲にそれっぽい人がたくさんいるので大丈夫だろうと何も考えずに歩いていきました。僕には地図なんていらない。なぜなら道は全て彼らが教えてくれた――
 広場では大道芸をやっていて、昼食代わりのサンドイッチを食べつつ遠目から鑑賞。けっこう盛り上がってました。

 そろそろ会場目指しますか、と再び歩き出して気づく。なんか客層違ってきてません?
 そう。現地で初めて知ったのですが、幕張メッセにはQVCマリンフィールド(千葉ロッテ本拠地)が隣接しているのですよ。どうりで家族連れとかカップルが多いわけだ。
 私も年に数回東京ドームで野球観戦をしますが、たまーに近隣で開催しているらしいイベント参加者と出くわすことがあるんですよ。A●Bとか。道端で生写真交換会やってたり。今日は立場が逆なんだと思うとなんかこう、ゾクゾクしてきますね。しないか。

 駅から10分ほど歩いて会場到着。カタログ持ってなかったので入り口前で購入。日程毎の分冊になっているせいか扱いやすい厚さ。従来のものだとどうしてもタウンペ●ジとか広●苑なみの分厚さをイメージしてしまうのですが、これはこれでいいと思います。

 配置表でお目当てのサークルに印をしていざ入場。時間が時間なので場内ガラッガラです。土日祝日の百貨店ぐらいの混雑具合。人が居ないわけじゃないけど、通路が塞がるほどではない。むしろコスプレ可のスペースのほうが人多かったかもしれないです。

 同僚に頼まれていたお使いを真っ先にこなそうとスペースに向かうわけですが……うん。わからん。迷った。ホール3とか4とかあるけど、これ一旦外出て入り口的な場所から入り直せばいいの? いや、もしかして通り抜けできる? んー、どこがどうなっているのやら。
 そもそも本格的に即売会に参加するのって初めてなんですよね。●年前に夏冬行ったことありますけれど、あの時は企業だけだったり先輩の後ろについて行くだけだったので。

▼14:30
 なんとかスペースを見つけ出すものの、すでに撤収済み。……ですよね。こんな時間ですもんね。仕方ないね。――というわけで、なにか代わりになるものをとあちこち回ってみるものの咄嗟に調達するのはなかなか難しい。ましてや販売終えてるサークルさんも多いわけですし。

 完全に逆境に追い込まれたわけですが、不思議とワクワクしてきます。うおぉぉなんだかテンション上がってきたぞ。尻上がり○と逆境○の力か! こうなったらそれっぽい島をいくつか回って探してやろうじゃないか!

 頼まれていたのは艦これ本だったのですが、同ジャンルでは無理だと判断してデレマスにターゲット変更。アーニャとみくにゃんのなんだかやたらと目を引く表紙があったので購入。同スペースに公式グッズといっても良さそうなクオリティのトートバッグが置いてあったので聞いてみると、手厚い接客を受けたので衝動買い。いや……ね。接客業、とりわけお客様と密に接する機会の多い販売員とかを経験しているといい加減な接客には物凄く厳しくなるんです。が、その反対に丁寧な接客を受けると「こやつ出来るな!」となって買ってしまうのです。うーむ……できれば直したいなあこの性分。
 後日知りましたが、前述の酒呑楼さんの小説表紙を担当されている方だったようです。これなら同僚も満足してくれるはず。

▼15:00
 今度は自分の用事を済ませなければ、と再びスペース探し。島は見つけたけど、うーん……どこ?番号はこのへんで合ってるはずなのにそれらしきスペースがないような。だって酒屋さんいないし。あれれ……。散々ウロついた結果、販売物のPOPでようやく確信。事前に用意しておいた手書きのメモをお渡しして自己紹介。交換で頂いた名刺がとっても素敵な作りでした。次回までには自分も用意しておかねば。

 今だから言えることですが、こうしてサークルさんに挨拶するのって初めてなんですよ。ネット上でほんの少しやり取りした程度なので、こちらは知っていても相手は自分を知らないかもしれない。そもそも何から話せばいいんだろう。調子はどうですか売れてますか? いやいや違うだろう、ぐぬぬ。
 ……と、要するに緊張しまくりだったわけです。微妙に会話がぎこちなかったのはそのせい。HN名乗るときもついうっかり本名言いそうになってもごもごしてしまった。こういうのはそのうち慣れるんだろうか。

 何か買うわけでもないのに色々と話を振って下さって、なんていうか、助かりました。でも振り返ってみると「あー、そうっすねぇ」しか言ってなかった気がする。
 途中で思い出したかのように差し入れをお渡したけれど、こんな時間に渡したらむしろ荷物になるよねと立ち去ってから気づく。本来はもっと早い時間に伺う予定だったのでそのあたり考慮してなかった。

▼15:20
 会場を後にして駅へ。そういえば遊びで千葉にくるのって初めてかもしれない。いつもだったら写真の一枚でも撮っておいて記念にするんだけれど、今回は全く撮らなかった。

▼17:00
 帰宅。当初は挨拶だけのつもりだったのになんだかんで出費したな、と財布を開いて思う。
これが即売会の魔力か――
 そして、荷物を整理していてまた一つ気づいてしまいました。

奏のストラップつけ忘れてた!

 ええ。出発前にバッグに入れておいたあれです。こんな時しか付けていけないから、奏Pアピールをしようと思ってわざわざ忍ばせておいたのに。なぜ……なぜ……。

 あー、作品の感想もお伝えし忘れてる。電車内で読んだ一章ぶんだけですが。まあこれは後日でもいいんだろうけど、直接のほうが作り手としては絶対嬉しいよね。
 お世話になったドリフェスのこととか、CDの歌詞のこととか、思えば話題はたくさんあったのにこれも出来ず終い。さすがに長話が過ぎるので難しかったろうけども。


■まとめ
 失策が多くて色々と後悔が残る内容ではありましたが、イベント自体は楽しめました。人によっては遊びじゃなくて戦争なんでしょうけど、こういうのはやっぱり雰囲気というか活気を楽しむものなのかな、と。もしもまたイベントに参加する機会があるならば、もっと早い時間に参戦しようと思います。せめて12時半頃とか。

 アニメの出来などから今年はデレマスの年といってもよさそうなので、可能なら販売側として活動してみたいですね(言うだけタダ)。

スポンサーサイト
07:00  |  感想  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。